「北の物販大富豪の戦略術」8つのステップの確認

「北の物販大富豪の戦略術」8つのステップの確認

「北の物販大富豪の戦略術」8つのステップをもう一度確認しましょう。

最終ステップまでが全て明確で、再現性がある形で、行き先を迷うことなく、ビジネス経験の有無に関わらず、着々と取り組むことができるものになっている。

1、日本国内を本拠地に清く正しく真っ当な物販ビジネスを行う。

2、毎月毎月、必ず黒字経営をする。

3、ビジネスによる納税と社会保障をしっかり行う。

4、上場企業である銀行とパートナーとして取引をする条件を全て整える。

5、銀行からパートナーとして認められ融資を受け、銀行と一緒に、物販の規模を大きくして行く。

6、余っているお金があれば、先々のことを考え、怪しい「私募ファンド」ではなく怪しい「海外の投資」ではなく日本の大手証券会社の、パフォーマンス優良な案件に投資をする。予め勝利が約束された投資案件である「東京案件」

7、日本の大手証券会社での運用で収益を上げて、源泉徴収で収益の20%を国に納税して、日本に貢献する。予め勝利が約束された投資案件である「東京案件」では、20%の源泉徴収による「納税」が約束されているとも言える。

8、収益が出たお金の一部は、日本の政治家に対して、政治献金を合法的に行うことにより、日本の政治活動に貢献する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る