日本の国策に従って行くこと

日本の国策に従って行くこと

日本の国策に従うことを決め、
日銀に注目すると、投資戦略術の幹の部分が見えてくる。

まず基本原則は、
「これから日本円を「現金」で持つな!」ということ。

日銀は、指し示してくださっているのだ。

「日本円で現金で持っている人の資産は、
相対的に大幅に減るよ!」と言ってくれているのだ。

そして、「銀行から借金をしまくっている人たちは、
 大儲けするよ!」とも言ってくれている。

さらには、「海外に資産を移している人も、大儲けするよ!」ということ。

日本円を現金で持たない代わりに「外貨に両替しておけ!」
「日本の株を買っておけ!」ということだ。

でも、株なら個別銘柄がわかりにくくても

「日経平均だったら・・・」
と考えてみれば、一番わかりやすいはず。

では、銀行から融資を受けたお金の、
メインの行き先は?

世界各国の金山、銀山、鉱山・・・と、世界中旅してまわらなくても、
まずは目先にあるということだ。

投資セミナーに行ったり、投資のノウハウの本を買ったりして、
「海千山千」の「私募ファンド」的な、投資案件を狙っていくのではなく、

一番固い、本当の国の政策に乗っていけばよいということである。

運営事務局 伊達 颯人

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る