現金貧乏と借金大富豪

現金貧乏と借金大富豪

日本はインフレ政策を進めています。

単純に「現金を持っていたら貧乏になりますよ」という政策です。
それが、インフレ政策ですから・・

日銀がお金の量を2倍にするという話をしました。
つまり日銀が132兆円お金を創造する。

すると何が起こるか?
→→ 「お金の価値は半分になる」

あくまでも机上の空論、数字上の話をしますが、

・国の資産:500兆~600兆→ 250兆~300兆
・企業の資産:225兆→ 112.5兆
・個人金融資産:1,500兆→ 750兆

そして、国の借金が500兆円になる。
普通なら返せない1,000兆円が500兆円に・・・

つまり国策が進められると何が起こるか?

現金を持っていたら貧乏になるということ
それと同じで借金を持っていたら借金が減ってしまうのです。

北野会長の言う「貸してもらう」「貰う」
この言葉がすべてですね。

現金貧乏と借金大富豪という事も
この話の後に聞くと納得できるのでは?

僕たちがどんな生き方をしても、
それは、個人の生き方ですから自由です。

国策に立ち向かって行くか、
国策に乗って同じことをやっていくのか?

メンバーのあなたなら、もう答えは出てますよね
一緒に祝杯をあげるその時まで、突き進みましょう!

運営事務局 伊達 颯人

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る