病院内で大富豪のお話の真意を考える。

病院内で大富豪のお話の真意を考える。

本日、病院へ行ってきました。僕が病気になったのではなく付き添いでした。病院内は相変わらずの大混雑で、次から次にアナウンスされ診察室へ呼ばれる人たち・・

そして数分の診察を受けて診察室から出てくる、さらに待つと受付に呼ばれてお会計をすませ、処方箋を受け取り病院近くの薬局へ・・いつも見る光景です。

国民健康保険もあるし、安心して病院へ行って診察を受けられる、そんな当たり前の光景も、最近の僕は違った目で見るようになりました。

北の物販大富豪が、謁見音声の中で語られる「部外者の入りこめない医療の聖域とは?、利権と許認可が全ての鍵を握っているとは?、医療に関する真実とは?といったお話の数々」

この音声で学んだあなたは「そうそう!見方が変わった!」と思っているのではないでしょうか?数週間前の自分とは違いますよね。

大富豪の教えに触れることで理解できること。

当たり前の事と思っていたことが、大きなシステムの中の、大きな利権の一部になっていた事に気づく・・

今回の大富豪の教えに触れることで、あなたも普段の生活の中で、色々気づくことが多いのではないでしょうか?

北の物販大富豪 謁見音声(2014年9月11日分 vol.1~4)聞き込む程理解が深まり、気づきも増えます。

しっかり自分のものにして、一緒にお金持ちへの道を歩んでいきましょう!

運営事務局
伊達 颯人

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る